×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

【 美肌計画 】 

美しい肌の条件を知って
一歩づつ近づいていきたい



肌別洗顔剤を選ぶポイント

【乾燥肌】


 水分、脂質ともに不足している状態です。
 そのため、油分を落としすぎる洗顔剤は不向きとなります。
 ただ、しっかりメイクアップしている場合は、マイルドな洗顔料では 落としきれない場合もあると思いますので、メイクアップ用品から見直し をするか、しっかり洗顔をした後にたっぷり保湿と保護をすることで 補う必要があります。
 また、角質落としタイプの洗顔剤は基本的に不向きです。

【オイリー肌】

 水分が不足し、油分が過剰となっている状態です。
 この場合は、なるべくこまめな洗顔で、まずは余分な油分を取り除く 必要があります。 また、ニキビなどがある場合は、脂質が冷えて固まった 状態にありますので、しっかり温めてあげた上での洗顔をオススメします。
 また、落とすことに集中するよりも肌を柔らかくしてあげることを意識した 洗顔剤選びも大事となります。

【部分的にオイリーだが、乾燥もある場合】

 乾燥肌、オイリー肌、ともに基本となる対策は潤いにあります。
 そのため、両方の性質が気になる場合は、乾燥肌対策をメインに対応してみては いかがでしょう。